【話題】アメリカで急成長する「情弱向け?」格安フィットネスジム 

 
1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/08(月)21:45:28 ID:???
 日本でもプライベートジムRIAZP(ライザップ)を運営する健康コーポレーションが急成長を
遂げているが、フィットネス先進国アメリカにも急成長しているフィットネスチェーンがある。

それが「プラネット・フィットネス」だ。

 プラネット・フィットネスは、1992年にニューハンプシャー州でスタートした小さなジムだった。
それが今や、全米900箇所にフルサイズクラスの支店を持つまでになり(同ジムチェーン公式サイトより)、
「もっとも急速に成長したジム」と言われている。

 特徴は24時間営業に加えて月会費がたったの10ドルであること(全店舗利用可能な会員は19.99ドル)。
プールやスタジオ、サウナはないが、ジムの設備はカーディオマシンがズラッと並ぶほどで
広さもフルサイズのジムと変わらない。

 しかし、このジムの特徴はそれだけではないのだ……。

究極の「初心者向け」商法!?

 実はこのプラネット・フィットネス、いまアメリカでは半分揶揄される対象になりつつある。

 それは、このジムの独特の営業理念にある。

 同ジムのコンセプトは、「ジムでビクビクしないで済む!」という完全初心者向けのもの。
そのため、過剰なまでにシリアスなトレーニング愛好者を排除するかのようなさまざまなルールがあるのだ。

 例えば、「no grunt rule」。ジムでウエイトを持ち上げるとき、ハードにやっている人ほど
唸り声を挙げてしあうこともある。これが禁止なのである。曰く「周囲の人を圧倒するから」だという。
唸り声禁止なだけならまだいいが、このルールに反するとジム中に鳴り響くような大音量でサイレンがなり、
青い回転灯が付くという「LUNK ALARM(バカ警報)」なる「警報装置」まで設置されているという。

続き HARBOR BUSINESS Online
http://hbol.jp/44256

3: 名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月)21:58:35 ID:lKv
ピザ食べ放題で笑ったw

ガチ勢お断りってのはそれなりに理解出来るけどさ
食べ放題って……w
プロテイン&スポーツドリンク飲み放題にしとけって

4: 名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月)22:46:51 ID:qU5
もうなにがなんだかわからねー

6: 名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月)23:39:06 ID:18H
>同ジムのコンセプトは、「ジムでビクビクしないで済む!」

マッチョ・カースト制度が色濃く残る
アメリカではこういうのも必要かもな


会費が安いのが良いですね。

普通ジムだと結構しますし。

このぐらいだったら、会員になっておくのも良いかなって感じですね。

 でも、日本に上陸するだろうか。

うーん、微妙。。。 



理想の体重・体型を実現するプライベートジム RIZAP(ライザップ)