微熱平熱まとめb

(↑タイトルクリックでトップページへ!…まったり更新中(´_ゝ`))  

    不思議

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2016/05/17(火)09:44:57 ID:KEO
    ワイらが踏み込んではいけない領域

    rikem



     

    【【理系】二重スリット実験とかいう闇】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/27(水)14:00:18 ID:7h0
    お願い
    no title

    【あまり有名ではない怖い話を聞きたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/26(日)17:56:46 ID:8xq
    例えば、いちご牛乳の赤の色素は虫からとってる、とか
     
    drink_juice_pack


     
    4: 名無しさん@おーぷん 2015/04/26(日)18:00:45 ID:slS
    タバコは吸っても吸わなくても死ぬ

    5: 名無しさん@おーぷん 2015/04/26(日)18:01:36 ID:8xq
    >>4
    そりゃあね

    【あまり知られてない雑学教えろください】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/16(火)19:43:52 ID:3TP
    この拷問器具は、形が洋梨に似ているところからこう呼ばれている。
    取り付け部のネジやバネによって、先端から縦方向に3つか4つの部分に別れて拡張できる仕組になっている。

    男性や肛門に用いるものは長さが15センチ、女性の膣用は一回り大きい。
    また、ネジを締めていくと先端から刃のついたネジ状のキリ(棘)がのびるタイプのものもあった。
    この棘は鋭い凶器となり、犠牲者の体の奥を引裂くことができた。

    口用は、異端審問の際、また神への冒涜行為を行った者に対して使用された。
    肛門用は、性的倒錯者、同性愛者(男性同士)に対して使用された。
    膣用は、魔女狩りの際、悪魔や魔物と性交したとされる女性に対して使用された。

    使い方としては、口、肛門、膣、に押しこんで、ネジを操作することで先端が開いていき、「穴」を拡張して固定する。
    口に使用すると、容疑者の顎は大きく開いたまま固定され、叫ぶことも食べることも一切出来なくなってしまう。
    no title

    http://ura.sakuraweb.com/ura/gomon40.htm

    【苦悩の梨とかいう拷問器具】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2014/03/27(木)22:17:49 ID:zZqJKP5t1
    画像付きで語り合おう
     
    42: 名無しさん 2014/03/28(金)00:31:12 ID:UEGbaU1Ir
    ロボトミー殺人事件

    マニラ湾の夕陽を見て俺には何の感情も湧いてこない、自分はもう人間ではないんだ、と有名な言葉を残した犯人が昭和54年に起こした殺人事件。

    犯人は昭和39年にロボトミー手術の一種であるチングレトミー手術を、被害者となった女と義母の夫である医師から半ば強制的に施術された。

    その後自分の性格が変わってしまったことに絶望し、ロボトミー手術の危険性を訴えることも目的に(犯人は元々スポーツジャーナリスト)医師を巻き添えに無理心中を図って事件を起こそうと考えた。しかしながら、
    目的の医師は帰宅せず、在宅であったその妻と母の二名を刺殺し金品を奪った。医師は結果的に無事だった。

    精神鑑定が行われたが、その際に手術器具が残置されている医療過誤が発見されたものの、責任能力はありと判定された。

    犯人は無実か、死刑かを望んだが、無期懲役が確定するとその後自死権なるものを求めて国を訴えており
    棄却されている。

    1970年代になると精神外科は、多大な人権侵害を伴うものとして全世界的に行われなくなった。
    news4vip-1395926269-42
    【激動の時代「昭和」の様々な事件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    128: ◆2u6a8AgQtUey 2015/02/02(月)23:35:24 ID:dpL
    【中国人少女殺人事件(仮)】
    no title


    1993年11月、埼玉県坂戸市の越辺川河川敷で中国・上海出身で
    東京都板橋区に住む袁慧娜さん(当時10)の白骨遺体が発見された。
    慧娜さんは7月30日に父親の知人へ電話をしたのを最後に行方が分からなくなっていた。
    その後知人が午後9時半ごろアパートを訪ねたところ、慧娜さんはいなかった。
    部屋の電気が消え、ドアのかぎがかかっていた。
    室内は片付けられていて荒らされた形跡はなく、バッグと外出着・下着や靴がなかった。
     慧娜さんの父親はその後、新潟県六日町で雇い主の鍼灸師父子2人殺傷事件を起こした。
    鍼灸師が慧娜さんを殺したと一方的の思い込んだうえでの犯行だった。
    犯人は今だ捕まっていない。

    【続・未解決事件で眠れなくなろうぜ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/01(日)18:37:13 ID:QpI
    メインは日本の事件でいく

    no title
     

    【未解決事件で眠れなくなろうぜ】の続きを読む

    このページのトップヘ