微熱平熱まとめb

(↑タイトルクリックでトップページへ!…まったり更新中(´_ゝ`))  

    生き物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 坊主 ★ 2016/05/28(土) 23:31:36.54 ID:CAP_USER

    下水処理水で飼料米 山形大が試験田

     山形大農学部の渡部徹教授(水環境工学)の研究グループが、植物の成長に欠かせないカリウムや窒素を多く含む下水処理水で、飼料用米を栽培する研究を進めている。下水を代替肥料として有効利用し、飼料用米生産のコスト削減につなげる。
    本年度は、鶴岡市の鶴岡浄化センター敷地内に水田を作り、屋外での実証試験を始めた。

     実証試験では、浄化センターから有機物などを除去した下水を1日10トンほど引き入れ、飼料用米「べこあおば」を栽培する。収穫は9月下旬の予定。

     使用するのは水田2枚(計150平方メートル)で、下水導入方法をそれぞれ変えて効率的な栽培方法も探る。水質、生育状況は定期的に測定する。

    tab1_chart1



    【【山形】下水処理水で飼料米 山形大が試験田[05/28]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/05/24(火)11:07:42 ID:???
    田中淳夫2016年05月23日 12:19

    奈良も、外国人客が急増している。

    彼らに人気なのは、東大寺の大仏のほかは、圧倒的に「奈良のシカ」だ。
    (「奈良のシカ」と書いた場合、奈良県のシカではなく奈良公園周辺に生息するシカのことである。)
    私の見たところ、外国人観光客は社寺の仏像よりもシカの方を喜んでいる。

    (略)

    ところが、近年の観光客の増加によって、終日シカせんべいばかりを食べているシカも現れたらしい。
    それどころか食べきれない。ゴールデンウィークなどには、あまりの観光客の差し出すシカせんべいの多さにそっぽを向く姿が報告されるほどだ。

    oyako_shika

    【【社会】「奈良のシカ」大異変? 外国人客も増えて悩みも噴出 [H28/5/24]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/11(水)09:40:44 ID:Ufh
    愛鳥週間がはじまりましたので
    no title

    画像がその国の鳥でない場合が多々ありますがご容赦の
    ほどを

    【【愛鳥週間】ヨーロッパ・オセアニアの国鳥を貼ってく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/20(日)04:43:21 ID:Q7S
    異論は認められない
    no title

    まずパワーが圧倒的
    握力は1tと言われる。
    そして見た目がかっこいい。
    さらにものすごく優しい。
    ゴリラのドラミングには あなたを傷つけたくない という意味が込められている。
    また、ゴリラは喧嘩で相手を傷つけることがない。

    やゴ1


    【攻守ともに最強の動物はゴリラw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無虫さん 2014/10/02(木) 20:28:31.03 ID:2BXPkuAS.net
    食ったことあるやつっている?
    いるなら、どの種類のカエルがうまかった?
    料理方もよければおしえてくれ
    NS525_asuwomiruamagaeru_TP_V

     33: 名無虫さん 2014/10/03(金) 18:52:26.96 ID:???.net
    >>1で調理法も聞いてるってことは自分で獲って食べるの? 
    検索すれば食用カエルの料理出してる店いっぱい見つかるやん

    34: 名無虫さん 2014/10/03(金) 19:01:18.51 ID:bj6cih6Z.net
    >>33 
    できれば、自分で獲って自分で料理したい


    【カエルを食べてみたいんだが・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/04/26(火)13:48:09 ID:???
     緑色蛍光タンパク質(GFP)を作り出す遺伝子を組み込んで、
    緑色に光るカニクイザルを誕生させることに、滋賀医科大と実験動物中央研究所(川崎市)の
    チームが成功し、英科学誌電子版に25日発表した。
    紫外線などを当てるとサルの皮膚が緑色に発光する。

    緑色蛍光タンパク質(GFP)を作り出す遺伝子が組み込まれ、緑色に発光するカニクイザル。右は通常のカニクイザル(滋賀医科大提供)
    http://www.sankei.com/life/photos/160425/lif1604250037-p1.html
    no title

    【緑色に光るサル? 遺伝子改変で誕生。】の続きを読む

    このページのトップヘ